家族みんなで北信州(長野県の北部)木島平村の雪を楽しもう!!

ペンションアウラから見られる木島平の雪景色

Let's enjoy snow in Kijimadaira-mura Village of Nagano Prefecture.

子供は雪が大好き!! 雪が降ることが少ない地域に住んでいる人は、雪への憧れを持つ人が多いですよね。 私(ペンションアウラのオーナー)も実は、千葉県の出身で、子供のころは雪が降るとうれしくてはしゃいだ経験があります。 大人になっても雪への憧れは消えず、とうとう雪深い長野県北部の木島平村に移り住んでしまいました。

そんな雪が大好きなオーナーが雪の楽しみをご紹介します。

雪がたくさん積もったペンションアウラ

子どもは雪遊びを思い存分楽しみたい

子育て中のお父さん・お母さんの中には、子どもに雪遊びの経験をさせたいと思っている方がいらっしゃると思います。 でも、めったに雪が降らない地域では、雪遊びを楽しめるほど雪が積もることはひと冬の内にあるかないかです。積もったとしてもすぐに解けてしまいます。

もっと思いっきり雪遊びをさせてみたいと思ったことはありませんか? そう思ったら、思い切って雪国に家族旅行を考えてみてはどうでしょうか。

雪遊びを楽しむ小さな子ども

日本は豊かな季節の変化、南北方向に様々な自然風土が楽しめるがあり、とても恵まれた国です。そんな国で生まれ育ったのですから、それをもっと楽しみ、子供のころから日本のすばらしさを経験することは大切なことだと思います。

冬に雪で遊ぶ経験もその一つでは無いでしょうか。そして、雪という自然の恵みを楽しみ遊ぶことは、外で遊ぶことが少なくなった現代の子どもたちにはとても良いことだと思います。

雪の感触・冷たさ、冬の寒さ・厳しさを体で感じる経験は子どもさんだけではなく、大人にとっても良い刺激になりますよ。

さあ、今年の冬は雪遊びの家族旅行に出かけましょう。

雪遊びを楽しむ家族旅行計画

では早速、雪遊びの家族旅行を計画してみましょう。まず日程と場所を決める事になりますが、長い休みが取れて2,3泊の旅行が可能か?それとも1泊だけか。それによって近くにするか、ちょっと遠出が可能かで場所も限定されてきます。

行き先を決めよう!!

皆さんのお住まいの場所にもよりますが、一度、長野県の北部(北信州)の木島平村を検討してみてください。北陸新幹線が金沢まで開通したことはご存知だと思いますが、その途中駅に飯山駅(長野駅の次の駅)がございます。飯山駅は長野県で一番北に位置する新幹線の駅です。つまり、長野県で一番雪が多い新幹線の駅とも言えます。そして、木島平村は飯山市のすぐ隣、飯山駅から木島平の我が家やスキー場までは車で15分ほどです。

天気の良い冷え込んだ朝に見られる“霧氷”

交通手段はどうしますか?北陸新幹線で雪国が身近に

交通手段も悩むところですよね。 車にするか電車にするか。 電車の場合は前記の通りJR飯山駅が最寄の駅です。新幹線の他に飯山線という長野駅から新潟県の越後川口駅間を結ぶ普通列車も有ります。駅から当店がある木島平までは専用のシャトルバスがご利用いただけます。もちろん当店までは、飯山駅またはシャトルバスの停留所からの送迎もしております。


電車の場合お荷物の量が気になりますよね。特に冬の旅行、しかも雪遊びとなると、着るものだけでも結構かさばります。 大きな荷物を持って電車で移動したくないという方は、宅急便で当店にお送りいただいて結構です。もちろんお帰りの際も当店から発送することができます。

また、雪遊びには必需品の長靴や防水性のウェアなどはレンタルを利用することでお荷物を減らす事ができます。

JR飯山駅には“信越自然郷アクティビティセンター”というところで各種アウトドア用品のレンタルが充実しています。

かわいい雪ダルマを作る女の子

お車でのお越しをお考えの方は、必ず“滑り止め”の準備をお願いいたします。木島平スキー場や当店のある場所は、標高のあまり高くなく、近隣のスキー場と比較しても車でのアクセスは楽です。しかし、雪国の道路は、毎日のように状況が変わり、油断は絶対に禁物です。“4輪駆動+スタッドレスタイヤ”の組み合わせ以外のお車は必ず“滑り止め”をご用意ください。

木島平は上信越自動車道路の豊田飯山インターチェンジから約20~30分です。


雪が違う?!これが本当の雪だ!!

皆さんが一度でも雪に触れたことがあれば、雪がどんなものかはご存知かもしれません。しかし、雪は実に多様性があるもので、降る時期や地域、天候によって性質が変わります。

先に述べたように、私が若いころに千葉県で経験した雪と木島平村の雪では全然違います。太平洋側の地域や西日本の標高が低い地域の雪と比べると、まず雪の軽さに驚きます。さらさらとした感触で、握っても固まらずにボロボロと崩れてしまいます。これは、気温が低く、空気が乾燥しているときに特にその傾向が強くなります。

また、雪の性質は振ってから積もり、積時間が経っても変わります。我が家の周辺は、積雪が多い年は2mくらいに積もる場所もあります。ですから、下の方の雪(時間が経っている雪)と上の方の雪では雪の感触が違います。

雪をルーペで観察する子ども

雪国でしかできない経験

さらさらの雪の中で遊ぶ経験は、ある程度標高があり、気温が低い雪国でないとできません。ちなみに我が家がある場所は標高500mくらいです。高社山(標高1,352 m)の北斜面の中腹にあります。日本海側からの雪雲が高社山に引っかかるとたくさんの雪が山の北側に降ります。

木島平村がある北信地域(長野県の北部)は、雪が多くて雪質も良い条件が整っています。

初めて経験するさらさらの雪は感動ものです。雪の上でごろごろ転がっても濡れません。降ったばかりのふかふかの雪は、きっと子どもたちを虜にするでしょう。

ペンションアウラの周辺で2メートルくらいの積雪

さらさら、ふかふかの性質もさることながら、雪の量にも感動するはずです。我が家の周辺は多い場所で2m積もります。1m以上は当たり前です。雪がたくさん積もれば、大きな“雪だるま”も作れます。“かまくら”だって作れます。

雪が深く積もったら、我が家の裏の森の中を歩くきます。足に“かんじき”や“スノーシュー”という道具をつけて、雪にもぐり難くして歩きます。普段は見れない雪の森の世界が大好きです。いろいろな動物の足跡があり、時にはウサギやカモシカに出会うこともあります。

雪に残ったウサギの足跡

驚きと感動!!雪国の生活と自然・風土

雪国には、たくさんの雪と寒さの中で生きていくための独特の生活様式があります。

木島平村に来たら、そんな生活様式の違いがあちこちで見る事ができます。皆さんが住んでいるところとの違いを探してみてください。面白い発見がありますよ。

かまくら作り かまくらの中で食べる昼食 雪の上でのランチタイム 雪の上に寝転ぶ親子

空室確認

ご予約方法

施設案内

食事内容

料金規定

場所の確認