当店の感染症予防対策

ENTーペンションアウラ オーナーの田舎暮らし

田舎暮らしが好き

ヤギと暮らす

山羊と暮らす

自分にあった環境で暮らしたい。自然に囲まれて暮らしたい。
子育ては田舎でしたい。そんな思いから、この地で暮らしています。
木島平村はとても良い環境です。とても良い田舎です。自然もたくさんあります。
でもこういうものはとてもデリケートで、とても壊れやすいから、大事に大事に
守って、長く長く暮らせるように、このすばらしい環境に感謝しながら暮らしています。

子どもたちにもっと自然と田舎体験を

一緒に田舎暮らしを楽しんでください。

我が家では、ペンションの仕事も普段の生活も全てが田舎暮らしです。動物たちの世話、畑仕事、DIY、山歩き、趣味のクラフト、自然観察・・・やりたいことはたくさんあります。
アウラに来たら、オーナーの田舎暮らしを一緒に楽しんでください。やぎの世話や野菜作り、自然や庭のこと、何でも気軽に声を掛けてください。
木島平村で暮らし始めて28年(2020年時点)、この村の暮らしにどっぷり浸かって生きています。

我が家の田舎暮らしを少しだけご紹介

畑仕事・無農薬・有機栽培・土作り

野菜を作る、食べるために、自分が、家族が、お客様が、体に良いものを食べたいから、
安全なものを安心して、たくさん食べたいから、春から秋まで色々な野菜を作ります。
トマトとミニトマトは8種類くらい、きゅうり、なす、ピーマン、パプリカ、シシトウ、かぼちゃ、モロッコいんげん、枝豆、モロヘイヤ、ごぼう、人参、大根、ビーツ、ヤーコン、こんにゃく、ほうれん草、小松菜、じゃがいも、さつま芋、・・・・、バジル、ルッコラ、フェンネルなどのハーブ類も数種類。変わった野菜の苗や種を見つけたら迷わず挑戦します。

食のページ

野菜作りに大切なのが土作りです。私はできるだけ自然に近い土壌環境を維持することにこだわっています。土を耕す作業は最低限にして、土の中の生物環境をできるだけ壊さないようにしています。
最近「自然農法」と呼ばれる様々な栽培方法があり、いろんな人がいろんな方法を試していますが、私も自分なりのやり方を試しています。ここ数年は、作物を植える畝と畝の間を広くして、そこに落ち葉や刈った草、山羊の糞などを置いておき、自然に分解するまでそのままにしておきます。畝間ですから当然人はそこを歩きます。雑草も生えますが、根から抜くような除草はしません。雑草は背丈がたくなったら刈り取って山羊の餌にします。

肥料は山羊の糞・鶏糞・薪ストーブから出た灰を基本にしています。足りない分は、木島平村で作っている有機肥料を使っています。山羊を数頭飼っているので糞を有効に使います。山羊の糞は肥料効果が低いらしいのですが、土壌改良としての役には立っているようです。また、我が家の庭には落葉紅葉樹が何本も植っていますので、毎年たくさんの落ち葉が手に入ります。これも畑には大事な資材です。

畑のページ
ヤギのハッピー

家畜も野生動物も一緒に暮らす

私は生き物が好きです。昆虫・動物・鳥など、人に飼われる生き物も、自然の中で生きている野生の生き物も、どちらも好きです。

我が家も過去にはウサギと鶏を飼っていました。今は山羊を飼っています。ヤギの話を長くなるので別のページで詳しく書きましょう。私が飼う生き物は、ペットと家畜の両方の役割をする飼い方です。
愛玩動物としての役割もあり、人も生活を助ける家畜としての役割もあります。人と動物がお互いに助け合う関係が好きです。

動物たちと暮らす

山羊とお散歩・やぎ飼い体験

我が家は、周りを森や畑、草原に囲まれています。
周りには様々な野生動物が住んでいます。ツキノワグマ、カモシカ、タヌキ、キツネ、アナグマ、ウサギ、テン、イタチ、リス、ムササビ、ネズミ、ヘビ、トカゲ・・・・・。
庭に樹木や様々な植物を植えて、意識して庭と周りに自然環境との境が曖昧になるように維持しています。
そのため、いろんな動物が我が家にやってきます。庭をだた横切ったり、しばらく住み着いたり、庭で餌を探したり、彼らに取っては我が家の庭と周りの森や草原の区別は無いのです。

野鳥たちのコンビニ?道の駅?

ここは鳥のたくさんやってきます。庭には巣箱と餌台と水場を備えています。空を移動する鳥たちが我が家の庭に立ち寄ります。庭の草木の実や餌台で食事をして、池で水浴びをして飛び立って行きます。
群れで来る団体客や1羽の一人旅、カップルも来ます。春には、ここで出会って、めでたく結ばれたカップルが子育てをしてをします。庭の巣箱は直ぐに入居者が決まります。春の庭は子育て中の鳥たちで賑やかです。

ヤギとお散歩

木島平村の美しい風景

タイトルとURLをコピーしました